高嶋美里×小山竜央 『普遍的ビジネス構築セミナー』

高嶋美里×小山竜央 『普遍的ビジネス構築セミナー』

2014年9月7日(日)、株式会社ライブクリエイトの小山竜央氏とCiBS学長高嶋美里による、『普遍的ビジネス構築セミナー』が、ベルサール神保町で行われました。

高嶋美里×小山竜央 『普遍的ビジネス構築セミナー』 の様子 告知が直前であったにもかかわらず、約100名ほどのたくさんの参加者にご来場いただきました。

11時~20時の1日に渡るセミナー会場は、高嶋学長と小山氏の初ジョイントセミナーでもあり、期待と緊張感に包まれておりました。

 

高嶋美里×小山竜央 『普遍的ビジネス構築セミナー』 の様子 まずは、日本No1集客プロモーターである、増田氏が司会で登壇。
セミナーの受け方や心構えから、セミナーをさらに活用出来る方法を伝授。

また参加者同士で挨拶をすると緊張感がほぐれて会場の雰囲気もグッと良くなりました。

そして高嶋学長が登壇。
まずはインターネットビジネスについて真相に触れます。

高嶋美里×小山竜央 『普遍的ビジネス構築セミナー』 の様子 今後、全てのビジネスがインターネットビジネスに変わっていくこと、スピードが勝つ時代であることなど、常に第一線にいるからこそ発せられる言葉に参加者ともども吸い寄せられていました。

これだけ多くの人前で話ができるにもかかわらず、実は『人見知り』であることを告白。
これには参加者も思わず疑りの眼差し。会場の皆さんに、自分自身は人見知りであるか質問したところ、会場では9割が人見知りだと感じているようでした。ちなみに、日本人の7割以上が人見知りだと思っているようです。

人見知りはマイナスのイメージがありますが、実は「観察力」があるからむしろビジネスで成功しやすいとのこと。
インターネットビジネスは、ブログやフェイスブックを活用することで、人見知りでも「プレーヤー」になれる時代であることを証明し、参加者は勇気づけられておりました。

高嶋美里×小山竜央 『普遍的ビジネス構築セミナー』 の様子 そのためにはまず、自分の望むことをしっかり把握して、時間の管理方法を確立する。
また、今回のメインテーマである『普遍的に稼ぐために必要なこと』は、一つの世界に固執するのではなく、『全てのビジネス』を網羅する必要があると説明。
どんどん『つまみ食い』をして、全体像を把握して行くことが普遍的に稼ぐ唯一の道であることを教えていただきました。

まさにその通りだと頷いてしまいました。
私自身、望むことをが漠然としている部分もあり、時間の管理がまだまだ未熟であるので、まずはすぐに紙に書き出してやることをその場で書いていきました。

次に小山氏が登壇。
小山氏と言えば、ビジネスで数々の成功を収め続ける方で、講演会コンサルタントでもあり、絶大な人気を誇る人気セミナー講師でもあります。
今回のセミナーでは、今すぐ使える具体的な方法を伝授してくださいました。

高嶋美里×小山竜央 『普遍的ビジネス構築セミナー』 の様子 コストコの例では、長期的な会員制ビジネスモデル作成のコツや、結果を出し続ける人の、時間の使い方などを教えていただきました。
ビジネスの作り方、必要な要素や準備など、今すぐにビジネスモデルが描けるほど細かくかつ具体的な話は、今までに聞いたことがなく目から鱗でした。

次に高嶋学長から、学ぶ際に最も記憶に残る方法を公開。
最も効率的な感覚は『聴覚』であることが語られました。
視覚は短期的な記憶に対して、聴覚は、何かをしながらインプットができ、かつ記憶に残りやすいとの特徴があります。
3回聴くことで80%は記憶が残るのです。

高嶋美里×小山竜央 『普遍的ビジネス構築セミナー』 の様子 そこで、ポッドキャストトップキャリア1位を獲得したこともある、自身の「今すぐやれ!」を参加者に伝授。
皆でダウンロードして毎日聴けるようにいたしました!

同じく小山氏からも、音声の重要性のついて語られました。
やる気を出すための1つの方法として、強制力のあるものを導入すること。
例えば、一流の選手がコーチをつけているのがその理由です。
最も効果的な強制力こそは「音声」であることがわかりました。

高嶋美里×小山竜央 『普遍的ビジネス構築セミナー』 の様子 さらに音声の種類にも言及してくださり、音声は対談音声ではなく、自分に語りかけてくる音声でなければ、脳に入ってこないということがわかりました。

9時間にも渡るセミナーでしたが、参加者皆様に疲れの顔は見えず、むしろ元気に会場を後にしていく姿が印象的でした。

レポート:マーケティング担当 牧野宗之

カタボリック手帳

高嶋美里のPodcast「今すぐやれ!」毎週水曜日配信中

告白します。私は夫に内緒で2億円稼ぎました。完全版

コラム・特集